【SSW】シームシフトウェイク(Seam Shifted Wake)/縫い目が変化量に及ぼす影響

シームシフトウェイク(Seam Shifted Wake)とは「縫い目が変化量に及ぼす影響」のことです。

SSWと呼ばれています。

最近では、回転情報から変化量を推定する計測機器のラプソードが知られるようになってきました。

ツールとしては有用なので利用することを強くおすすめします。

しかし「縫い目の影響」を反映できないことが欠点として挙げられます。

こういった欠点を理解しておくためにも、縫い目の影響(以下SSW)を知っておくことは重要です。

そこで今回はSSWに関する情報をまとめてみます。

ナックルが揺れるのはシームシフトウェイク(SSW)

SSWの影響を考えやすいナックルボールを見ていきます。

ナックルボールのSSWは2010年以前に論文が出ています。

サイドスピン形ナックルボールの三次元飛しょう軌道画像解析による準定横力について

新しいナックルボールの空気特性と3D飛翔軌道解析

動画で解説していますので論文が苦手な方はご参考ください。

【ナックルボール】無回転でも揺れない理由

論文や動画を見て頂くとわかりますが、縫い目の位置によって力が加わる方向が変わってきます。

力を受けない場合は縫い目が左右対称となっていることがわかります。

逆に対象の状態からズレるとSSWで力が加わることがわかります。

この微妙な縫い目の位置の違いが変化量に影響することで揺れるような変化に繋がります。

ホークアイからみるシームシフトウェイク(SSW)

その他の球種に関しては、MLBで公開しているホークアイのデータを見るとSSWが見えてきます。

Hawk-Eye(ホークアイ)による回転軸と変化量データを見てみる【baseballsavant】
Hawk-Eye(ホークアイ)による回転軸と変化量を見てみよう!baseballsavantからのダウンロード方法やデータの解説やデータの見方を紹介しています。

上の記事にも書いてありますが、ダルビッシュの4シームと2シームのデータを見てみるとSSWがよくわかります。

上記のデータをわかりやすく表現してみました。

*方向の見方:右投手目線で0°が12時方向、180°が6時方向
*図の緑矢印が回転方向、赤矢印が変化方向

球種 回転方向°
(緑矢印)
変化方向°
(赤矢印)
イメージ
4シーム 25.9 19.8 ダルビッシュ4シームの回転方向と変化方向 6.1
2シーム 27.1 51.7 ダルビッシュ2シームの回転方向と変化方向 -24.6

4シームも2シームも回転方向(緑色)に大きな違いはありません。

しかし、変化方向(赤色)が大きく違っています。

ボールの回転方向に比べ、4シームはホップ量が多い方向(or シュートしない方向)となっています。

2シームはシュート変化が大きい方向(or ホップしない方向)になっています。

シームシフトウェイク(SSW)を受けやすい球種

ホークアイのデータから球種ごとの回転方向平均と変化方向平均から差を出してみます。

SSWを受けやすい球種が見えてきます。

球種 回転方向°
(緑矢印)
変化方向°
(赤矢印)
イメージ
4シーム 31.3 25.7 4シームの回転方向と変化方向 5.6
2シーム 40.5 62.5 2シームの回転方向と変化方向 -22.0
カット 359.2 332.1 カットの回転方向と変化方向 27.0
スライダー 291.6 278.7 スライダーの回転方向と変化方向 -20.9
カーブ 227.7 227.7 カーブの回転方向と変化方向 0
スプリット 51.6 76.7 スプリットの回転方向と変化方向 -25.1
チェンジ 56.6 69.8 チェンジの回転方向と変化方向 -13.2

4シーム・カーブのSSW

表の見方を解説しながら説明します。

回転方向は31.3°なので真上方向から31.3°傾いているという事です。

変化方向は25.7°なので回転方向よりも5.6°分だけ真上方向に寄っています。

つまり、4シームの場合は回転方向よりもSSWでホップする方向に力を受ける傾向にあるという事がわかります。

ただ、他球種に比べると回転方向と変化方向の差は少なくなっています。

なので、4シームはSSWを受けにくい傾向であることがわかります。

カーブも同様にSSWの影響が少なくなっています。

カットやスライダーのSSW

表を見るとカットやスライダーは回転方向と変化方向の差が大きいです。

回転方向よりも横に曲がる力が大きく出るようです。

2シーム・スプリット・チェンジのSSW

この3球種もSSWの影響が大きいです。

回転方向に比べシュート方向や落下方向への力が加わるようです。

4シームと2シームの縫い目の違い

回転軸が近くて変化方向に大きな違いが出ている4シームと2シームを比較していきます。

実際の映像を見てみます。映像はドラフト2021阪神三位の桐敷拓馬です。

回転軸にそこまで大きな差はありません。回転を再現した3Dモデルが下記です。

2シームの縫い目の動きを見ていただくと、下記図の赤線の部分に縫い目が長い時間位置していることがわかります。

縫い目の位置

同じような縫い目の位置が長い時間現れることで、同方向に力を受け続けますので、その方向に変化しやすいというわけです。

この縫い目の位置を微調整することで、回転軸は同じでも変化方向が変わってくるという事です。

どうすればどう変化するのかを知りたいところですが、推測するのは難しいです。

縫い目の位置とシームシフトウェイク(SSW)

どう変化するかわかりませんが、参考になるのは下記の図です。

縫い目の位置と後流(空気の流れ)は上のようになっており、縫い目が空気の流れを邪魔することで、複雑な空気の流れを作り出します。

後流が下側に向く時は上側に力を受けているという事になります。

Θ=35°とΘ=55°でパッと見て縫い目に大きな違いはなさそうですが、力の向きは真逆となっています。

このように微妙な縫い目の位置で後流が変わってくるので、SSWによる変化量を推定するのは非常に難しいことなのがわかります。

シームシフトウェイク(SSW)とボールの違いによる影響

SSWはMLBとNPBのボールの違いによる影響もありそうです。

しかし、現時点でMLB球とNPB球の変化量を比較した論文は存在していません。

断片的なデータを見る限りは、NPB球の方が変化量が大きく出ています。

ただ、藤川球児が解説で「NPB球はMLB球に比べるとツーシームが変化しにくい」という事を言っていました。

なので、現時点での私の推測は

「回転によって受ける力はNPBの方が大きいがSSWはMLB球の方が大きい」

という考えでいます。

トラックマンとラプソードがあれば自分で検証してみたいんですけどね、、、

シームシフトウェイク(SSW)まとめ

以上がシームシフトウェイク(SSW)についてでした。

SSWを考慮した計測は、現時点で変化量を計測できるトラックマンが必要です。

トラックマンが無い場合は、高速カメラで実際の縫い目の状態を確認するのが有効だと思います。

また、ご自身の感覚や、捕手・打者・コーチの意見も大事にすると良いです。

人間の感覚は非常に優れていますので、時には機械よりも正確な答えを導き出してくれるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました