【ドラフト2020】回転数調査結果のまとめ

本記事はドラフト2020候補の回転数計測結果を一覧表でご紹介しています。

回転数はスロー撮影にて計測した結果で、実際の値とは誤差がありますので、参考程度にご覧ください。

youtubeでもアップしていますので、是非ご視聴ください。

【ドラフト2020候補】回転数ランキング【春前暫定版】

ドラフト2020候補の回転数一覧表

選手名が青色の場合は、タップするとyoutubeに移行して、スロー映像が見れます。

youtubeと若干測定数値が違う選手もいますが、この記事を作成するにあたり計測回数を増やしたためです。

掲載選手は随時追加していく予定なので、楽しみにお待ちください。

*スマホは右にスクロール可能
*各項目でソート可能

選手名所属速球ツー
シーム
スラ
イダー
カーブフォ
ーク
チェンジ
アップ
カットワン
シーム
シン
カー
村上頌樹東洋大2,637 2,5052,118552962   
大場遼太郎ENEOS2,483 2,504  1,861   
山崎伊織東海大2,483 2,305  1,231 2,237 
岩崎峻典 履正社 2,4352,5051,678
栗林良吏トヨタ2,432  3,0051,617 2,619  
伊藤優輔三菱日立2,4212,7111,810
小野大夏Honda2,369  2,351524    
早川隆久早稲田2,3622,1142,7962,667 1,2362,505  
池谷蒼大ヤマハ2,362  2,811 1,067   
宮野結希BC信濃2,342  2,186 1,292   
宇田川優希仙台大2,333  2,473771    
上原進SUBARU2,323 2,5602,5051,574    
森博人日体大2,321 2,6112,9441,800    
今西拓弥早稲田2,305 2,6312,771 2,077   
高田孝一法政2,304 2,1332,2031,889    
山野太一東北福祉2,297 2,6702,382 1,690 2,057 
大井友登三菱岡崎2,241  2,254 1,3722,311  
和田悠佑日本通運2,241 2,4072,400     1,740
松島元希中京大中京2,234 2,0602,022     
内間拓馬亜細亜大2,225 2,4022,4511,178    
高田琢登静岡商2,191 2,0401,719 1,527   
高橋宏斗中京大中京2,1791,889 1,9541,123    
平川裕太鷺宮製作所2,169 1,3572,1332,0602,133   
佐々木健NTT東日本2,166 2,304  1,649   
有馬昌宏BC富山2,134 2,1942,300 1,131   
松山仁彦東海大2,090 2,4032,508     
森井絃斗セガサミー2,061 2,0952,021  2,022  
飯田晴海日鉄鹿島2,036 2,4512,2991,471    
藤井聖ENEOS2,002 2,504 1,340    

回転数と球速分布

先ほどの速球回転数と平均球速でマッピングしてみました。

ドラフト2020 回転数と球速マッピング

球速は私が実際に観戦した際のデータを参考にしています。

赤線は球速と回転数の平均となるラインです。

詳しく知りたい方は、「球速と回転数の関係」をご参照ください。

この赤ラインから上の選手は、平均的な回転数から上回っていることがわかります。

注目したい選手

ストレートが藤川級の村上頌樹

村上頌樹の球質分析&投球シーン&投球フォーム

ストレートについて群を抜いているのが村上頌樹です。

回転数は2,600rpmを超えており、プロ野球だけでなくMLBでもトップクラスの数値を誇ります。

さらに回転軸が地面と水平で、惚れ惚れするほどの綺麗な縦回転となっています。

動画を見る限りは、全盛期の藤川球児級のストレートであることがわかります。

これを先発で安定して投げていることに驚きますよね。

村上頌樹の凄さはストレートだけではありません。

550rpmの回転数が非常に少ないフォークが素晴らしいです。

回転のバラツキはあるものの、2シームジャイロ気味となっており、千賀滉大のフォークに近い球質となっています。

この2球種があるので、今すぐにでもプロで活躍できるでしょう。

さらに制球力も高く、丁寧に低めに集める投球術も持っています。

2020年ドラフトでは頭一つ抜けた存在であることは間違えありません。

ただ、心配は怪我です。

東洋大が村上頌樹に頼りすぎている面があるので、酷使されなければ良いなと願っています。

総合力の栗林良吏

栗林良吏の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

次に注目したいのは栗林良吏です。

ストレートの回転数は2,400rpmを超えており、非常に高い数値となっています。

シュート回転成分はあるものの、回転数が多いので、ホップ量が多いストレートであることがわかります。

また、ストレートだけではなく変化球も一級品です。

カーブは3,000rpmというずば抜けた数字となっています。

2019年阪神で活躍したジョンソンのパワーカーブが3,000rpmですから、ほぼ同等の回転数であることがわかります。

球速は125km/h前後とジョンソンよりも5km/hほど遅いですが、それでも十分決め球として使えることがわかるでしょう。

この他にも140km/h前後のカットボールやフォークもあり、全てのボールにおいてレベルが高いです。

今すぐプロ野球界でローテ入りできる実力です。

特殊球の森博人

森博人の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

個人的に面白いなと感じているのは森博人です。

最速155km/hが注目されがちですが、ストレートの回転が特殊です。

進行方向のジャイロ成分が非常に多く、ほぼジャイロボールと言っていいボールを投げています。

なので、シュート変化せずにマッスラ気味に入ってくる球質で、ホップ量が少ないです。

ストレートで空振りが奪えませんが、ゴロで打ちとるタイプと言えます。

こういった球質は珍しいので、初見で打つのは難しいでしょうね。

また、ストレート以外に変化球が良いのが特徴です。

カーブは3,000rpmに迫るほどの回転数で、球速も125km/h前後と速めです。

先ほどの栗林に近い素晴らしいカーブですね。

その他にもスライダーやフォークを投げますが、どちらもジャイロ気味です。

なので、速球・スライダー・フォークがジャイロ気味ということもあり、この三球種の見極めが難しいと思われます。

ピッチトンネルを上手く使える投手と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました